2017年04月23日

ロードスター 走行中異音

ロードスター 平成5年式 E-NA6CE 90,000`
むロードスター02.jpg
「走行中異音がするんだけど診てもらえませんか?」と言う連絡が入りました。
この時弊社はとっても仕事を入れられる余裕は無かったのですが、あまりにも切羽詰まった感じだったので、とりあえず診せてもらう事に。
入庫頂いてさっそく試運転開始。
って、300mも走らない内に体毛が逆立つほど危険な状態を確認、これは切羽詰まるわと思いつつ今にもタイヤが取れちゃいそうなので急いで帰社。
異音もするけど、とにかく真っ直ぐに走らない。
急いでリフトアップして足回りを確認。
後輪のハブベアリングが左右ともガッタガタです。
初見の車両で整備歴が分からないので、原因は経年劣化と言う事でハブベアリングとハブを交換する事になりました。

部品が揃ったので、作業開始。
むロードスター03.jpg
するも、矢印のドライブシャフトが全く抜けず。

むロードスター04.jpg
しょうがないので、ドライブシャフトごとナックルを外して

むロードスター07.jpg
潤滑剤をしみ込ませつつプレスで圧を掛けるも全く反応なし。
この日は諦めて潤滑剤をさらに吹き付けてプレスをかけっぱなししておきます。

むロードスター05.jpg
翌日、潤滑剤を塗ってさらにプレス。
抜ける気配なし。

むロードスター06.jpg
3日目。
なんだかダメみたい。
オーナー氏にその旨伝えて、中古品を取り寄せます。
そして、壊れてもよくなったこのハブ。
破損させる勢いで圧を掛けたらナックルがあっさり破断。
ドライブシャフトはそのまま。
もうこれは外せませんね。

むロードスター08.jpg
この間「交換したばかり」と言うブッシュは抜き取って

むロードスター09.jpg
届いた中古品のナックルのブッシュと交換します。

むロードスター10.jpg
サビを取って

むロードスター11.jpg
きれいになったら

むロードスター12.jpg
交換したてのブッシュを圧入。

むロードスター13.jpg
新品のベアリングを圧入します。
矢印が新品のベアリングです。
上のはただスペーサー、ベアリングに負担が掛からないようにアウターレースに圧力を掛けます。

むロードスター14.jpg
無事完了。

むロードスター15.jpg
抜け防止のスナップリングを取り付けて

むロードスター16.jpg
ハブを

むロードスター17.jpg
プレスに置いて

むロードスター19.jpg
ベアリングを圧入

むロードスター18.jpg
ちなみに、ベアリングに負担が掛からないように矢印のカラーを付けて今度はインナーレースに圧力を掛けるようにして

むロードスター20.jpg
プレスのスタート位置を調整。
ちょこっとだけ隙間を開けてスタートするのがコツ。

むロードスター21.jpg
プレス開始。

むロードスター22.jpg
無事に完了

むロードスター23.jpg
裏返すとこうですね。

むロードスター24.jpg
オイルシールを打ち込みます。
曲がって打ち込んじゃうと後で異音の原因になるので慎重に

むロードスター25.jpg
上手く付いたら

むロードスター00.jpg
車両に取り付けて
あとは元に戻すだけ

むロードスター01.jpg
完成。

試運転をして問題が無い事を確認して

出来上がり。



お問い合わせ 郡司自動車工業











posted by gunji at 00:17| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: