2017年04月10日

シビック IMAバッテリー交換 

シビック 平成14年式 DAA-FD3 90,000`

のシビック00.jpg
「IMAと書いてある警告灯が点いたんだけど診て」で入庫しました。

実際にはたまに点灯するけど、エンジンをかけ直すと消えちゃうそう。

のシビック01.jpg
で、今回点灯している状態で持ち込んで頂きました。
診断機を繋ぐと

のシビック02.jpg
「P0A7F」これは出て欲しくない故障コード・・・・
ハイブリットバッテリーの消耗による故障コードです。
これが出ちゃうと高く付きます。
何故ならハイブリットバッテリー交換だから。
オーナー氏に見積もりをお伝えしてご相談。
修理を望むと言う事なので、バッテリー発注。

のシビック07.jpg
数日後届いたバッテリー。
コレ、発注するのにハイブリット車講習の修了書のコピーをメーカーに送らないとなりません。
まさかここで使うとは思ってなかったので、必死で探す羽目に。
あったから良かったけど、もし無かったら再発行って出来るのかな?

のシビック15.jpg
さてさて、一応こんなの貼って作業スタート。

のシビック04.jpg
場所はリヤシート背もたれの奥。

のシビック05.jpg
ブレーカーを

のシビック06.jpg
落として

のシビック08.jpg
ここからは絶縁手袋を装着。
感電すると死んじゃうから。

のシビック09.jpg
防護パネルを外すと
はい、バッテリーが見えます。
コネクター類を取り外して矢印の所のバッテリーハーネスを切り離します。
大丈夫と分かってても緊張しますね。
バッテリーを引き抜きます。

のシビック11.jpg
ぽっかり空間。

のシビック10.jpg
外したバッテリー

のシビック12.jpg
これ新品。

のシビック13.jpg
新品のここに

のシビック14.jpg
外したバッテリーの側面に付いているコントロールユニットを外して

のシビック19.jpg
くっ付けます。

のシビック20.jpg
耐電工具なんて無いからテープぐるぐる巻きの即席耐電工具で取り付け
バッテリーが重いってのもありますが、危ないから二人作業。
あと、カメラマン。
無事くっ付いたか何度も確認して(燃えたら大変)

のシビック21.jpg
そぉっと運んで

のシビック22.jpg
そぉ〜っと載せて
が、結構辛くてひと休み。
その隙にカメラマンが撮影した模様。
ちなみに載せてる途中の画像はピンボケしてて使えず。

のシビック23.jpg
ハーネスを取り付けたり

のシビック24.jpg
ネジ付けたり

のシビック25.jpg
ネジ締め付けしたり、要するに取り外しの逆の手順で組み付けて
組み上がったら確認。

のシビック28.jpg
防護パネルを取り付けて

のシビック29.jpg
ブレーカーのネジを締めつけて

のシビック30.jpg
スイッチオン。
診断機を繋いで起動実験、各部チェック。
問題が無い事を確認して

のシビック31.jpg
ブレーカーのカバーを取り付けます。
最後にシートを取り付けて

出来上がり。



お問い合わせ 郡司自動車工業






























posted by gunji at 23:04| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
なんと、9万kmで死亡とは。
うちのは3年目で無償交換してますが、その後4年経ってます。
延長保証になりましたがそれでも7年なんですよね。
今年で7年目なので壊れるなら今のうち?
Posted by nino at 2017年04月11日 22:57
良く考えたら3年で無償交換ってのも凄いですね。
何かあったのかな?
まぁでも使用環境でバッテリーの持ちは全然違いますものね。
長生きする事を祈ってます。
Posted by マネージャー at 2017年04月12日 16:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: