2016年11月28日

ステラ 走行中ガクガクしてチェックランプ点灯した。

ステラ 平成23年式 DBA-LA100F 120,000`

「走っていたらいきなりガクガクし出してチェックランプが点灯した。まともに走れる状態じゃないから診て」で入庫しました。

たステラ13.jpg
さっそく点検開始。

たステラ01.jpg
トランスミッションのトラブルですね。
ミッション内の回転センサー異常。
続いてライブデータを見てみます。

たステラ02.jpg
あーちゃんと回転信号来てるじゃん。
って事は「回転センサーは大丈夫」って判断しちゃうとドツボにハマりますね。
これはフェイルセーフと言って故障してるんだけど、何とか移動させるために予めコンピューターに書き込まれた演算値を出力してるだけ。
実際はちゃんとボンネット開けて点検しないと。

たステラ03.jpg
センサーは矢印のバッテリーの下辺り。
なんだか変な事になってます。

たステラ04.jpg
あら〜
なんだかそこら中腐食しちゃってるんですけど?(画像では分かりにくいのですが状態はアルミが腐食して粉吹いたみたいに、鉄板はサビサビ)
これはバッテリーの中の希硫酸が原因です。
バッテリー液を入れ過ぎてこぼしちゃったかまたはダメバッテリーを無理に使ってて吹きこぼれちゃったか。
新しいバッテリーが載ってたから多分後者。
センサーはちょうど矢印の下あたりだからモロにダメージ受けちゃってますね。

たステラ05.jpg
センサーとコネクターがくっ付いちゃって外せなかったので、センサーごと外しました。

たステラ06.jpg
配線図。
電源とアースと信号線。

たステラ07.jpg
テスターをあてるために配線を分岐させてセンサーを元に戻す。

たステラ08.jpg
一応電圧を見て。
大丈夫。

たステラ09.jpg
信号はオシロスコープ。
はい。
全く無反応。
コンピューターに信号行ってませんね。

たステラ10.jpg
コネクターをちょっと壊して分解。

たステラ11.jpg
端子は予定通り腐食しちゃってます。

たステラ12.jpg
センサー側も腐食してます、これは交換。

新しいコネクターも欲しい所ですが、メーカーでは用意が無くてエンジンルームのワイヤーハーネス丸ごと交換だそう。

たステラ16.jpg
とんでもない金額になっちゃうのでとりあえず、一旦そこら辺からコネクターをちょん切って来て

たステラ17.jpg
ニコイチ。

たステラ14.jpg
新品のセンサーちなみに手前側。
車両に取り付けて信号チェック

たステラ15.jpg
きれいな矩形波(配線の長さの関係でフロントガラスの向こうに置いて点検しているので画像見にくいですね)
これなら普通に走れます。
走行テストの結果、無事完治しているようなので、一旦オーナー氏に返します。

それから一ヵ月程探しまくって

たステラ00.jpg
やっと見つけました。
新品コネクターです。
取り替えて

出来上がり。


お問い合わせ 郡司自動車工業









posted by gunji at 23:06| Comment(0) | 日記

2016年11月17日

実習生君

丁稚奉公時代の同僚で現在自動車専門学校で教鞭を執る友人から「実習生をひとりお願い」と連絡「喜んで!」と返事をしておきました。
友人の頼みってのもあるけど、ウチも結構刺激になって面白い訳です。
受け入れは今回で3人目。
いったいどんな子が来るんだろうと楽しみに待っていた朝。
こんな日に限って朝から事故車の依頼とかでドタバタ。
工場長らがフォローしてくれていて、気が付いたら
て実習00.jpg
車検整備の見学していた実習生T君(右側)。
いろいろ教えてもらってたみたい。

翌日から私と残業。
帰宅時間になっても「もっと見ていたい」んだそうなので、中々やる気があるじゃないか。気に入ったぞ。
と言う訳で、一緒にATFまみれになりながら変速不良の車両の修理。
ATFまみれなので、画像は無し。

て実習01.jpg
人生初のブレーキオーバーホール。
分解してお掃除。

て実習02.jpg
シリンダーの中を掃除。
段付き点検。

て実習03.jpg
リヤカップの組み付け。
初めてだとほぼ組めないんですが・・・

て実習04.jpg
諦めないで組み付けました。
えらいえらい!

て実習05.jpg
シリンダーへ取り付けて

て実習06.jpg
結構苦労してます。
当たり前です、やったことないんだから。

て実習07.jpg
出来た!
良く頑張りました。

ライニングの組み付けは難易度が高いからここまで。

て実習08.jpg
郡司自動車工業にもだいぶ馴染んで来た週の後半。
錆付いて回らないプラスネジの溝をひたすら掘り返す。

て実習09.jpg
洗車も大切なお仕事。

て実習10.jpg
この日が最終日。
仕上げは275/35-18 9.5Jのタイヤ交換。
のお手伝い。
ポテンザは硬くて大変、ホント良く頑張ります。


やる気がみなぎっているので他にもいろいろ手伝ってもらいましたが、何事にも臆さず興味を持って前のめり気味に取り組む姿が印象的でした。
きっと、これがT君の武器なんだなぁ〜と。
T君5日間お疲れ様でした。
たまには遊びに来てね。

ウチに来た記念にアップした次第。















posted by gunji at 23:32| Comment(2) | 日記

2016年11月09日

ロードスター ウインドウレギュレーター交換。

ロードスター 平成17年式 GH-NB6C 160,000`

そロードスター0500.jpg
「ばきっといったきりサイドウインドゥが動かなくなったから直して」で、入庫しました。

そロードスター0501.jpg
いきなり壊れちゃってしかも夜でその後雨の予報だったらしく、なんとかならないかと自力で内張りを外してガラスを持ち上げるも途中までしか上がらず、しかもその時点で午前零時を回ってしまって、とりあえず養生だけして翌日連絡をしてきてくれました。
と言う訳でこの状態で持ち込まれました。
残業で疲れて帰る所で暗い中こんな目にあって、オーナー氏凄く頑張ったと思います。


それでは部品が届いたので作業開始。

そロードスター0502.jpg
ガラスを取り外して三角窓の支柱も取り外します。
って、この窓の周りに付いた無数の指のあとがオーナー氏の苦労を物語っていて泣ける。

そロードスター0503.jpg
矢印の所に目的の部品の一部が見えます。

そロードスター0505.jpg
ガラスを引き抜いて

そロードスター0506.jpg
支柱を取り外すと

そロードスター0507.jpg
モーター部分が取り外せます。

しっかし、なんて面倒な構造してるんでしょう。

そロードスター0508.jpg
はい。
取り外せました。
ウインドウレギュレーターと言う部品名です。
ワイヤーを使ったこの装置でガラスをエレベーターのように上下させます。

そロードスター0509.jpg
今回モーターは問題が無いので、再使用します。
ワイヤーのリールの部分を分解すると

そロードスター0512.jpg
見事に絡まっちゃってます。
このおかげでオーナー氏がいくら頑張っても途中までしかガラスが上げられなかった訳です。

そロードスター0510.jpg
その他にドアの中から出て来た残骸

そロードスター0511.jpg
ここら辺にこんな感じに付いてたはず。
これが破損しちゃったからワイヤーがたるんでリールの中でワイヤーが絡まったんですね。

そロードスター0513.jpg
これが、新品。

そロードスター0514.jpg
ビニールの内側が白いグリースでベッタベタ。
あんまり触りたくないんだけど、そうもいかない。

そロードスター0515.jpg
ロードスターって、なんで部品がバラバラで来るんでしょうね?
これらを組み立ててワイヤーを通してリールに巻き付けます。

では、参ります。

そロードスター0516.jpg
組み立てて

そロードスター0517.jpg
ワイヤーを巻き付けます。
新品ワイヤーは復元力が強いのでちょっと気を抜くとせっかく巻いたのにバラけちゃう。
矢印の所にもう一回転巻きたいのですが、これがなかなか難しい。
ちなみに、画像には写りませんがこの時点でかなり指プルプルしてます。
ホントは画像なんて撮っている場合じゃない・・・。

そロードスター0518.jpg
こういう時、いい仕事の為には無理は禁物。
プルプル震える手で助けを呼びます。
「ちょっとそこのフック外してワイヤーたるませて」
って具合に。
無事に巻き上がったら
「はい、そのフック戻して」
って、調子で作業するとうまく行きます。
ちなみに、この画像の撮影担当は先日から自動車専門学校の実習で来ているT君。

そロードスター0519.jpg
はい、無事に組み付け完了です。

そロードスター0520.jpg
あとはレールにグリスを塗って動きを良くしたりガラスの調整をして

そロードスター0521.jpg
出来上がり。



お問い合わせ 郡司自動車工業









posted by gunji at 23:29| Comment(0) | 日記