2016年04月20日

ロードスター 雨漏れ

ロードスター 平成11年式 GF-NB6C 150,000`

たNB00.jpg
「雨漏れ直して」で入庫しました。

ロードスターなお友達からのご紹介です。
いつもありがとうございます。

さてさて、さっそく点検。

たNB01.jpg
問診の結果から漏れているであろう場所にホースで水を掛けます。

たNB02.jpg
画像では分かりにくいですが、結構な勢いで水が入って来ます。
場所は分かりました。

たNB04.jpg
この辺り。

たNB03.jpg
水の通路を発見。
水は一度通路が開通しちゃうと必ずそこを通って侵入して来ます。
修理は出来ない個所なので、部品交換になります。
部品名はフロントヘッダーウェザーストリップ。

後日、部品が入ったので、再入庫して頂きました。

たNB05.jpg
部品を外します。
って、言うより剥がします。
ネバネバの素材で固定しつつ防水もしています。
なので、

たNB06.jpg
溶剤を使って溶かしつつ拭き取ります。

たNB07.jpg
結構しつこいです。

たNB08.jpg
きれいになったら。

たNB09.jpg
新品のフロントヘッダーウェザーストリップです。
取り付ける時は外す時の逆手順で。

たNB11.jpg
無事きれいに付きました。

たNB10.jpg
さすがに新品、張りが違います。

たNB12.jpg
新品のウェザーストリップに合うようにロックを調整して

たNB13.jpg
再び雨漏れチェック。

たNB14.jpg
やや強力目の水圧でも漏れて来ません。
大丈夫のようですね。

出来上がり。



お問い合わせ 郡司自動車工業





posted by gunji at 21:59| Comment(2) | 日記

2016年04月11日

BMW318i オイル漏れ点検 

BMW318i 2003年式 GH-AY20 150,000`

にE46-2-0100.jpg
「オイル漏れ診て」で入庫しました。
常連のお客様の車両です。
ただこのお客様、車両の乗り換えスパンが平均の1/3以下なので、この車両は初見。

にE46-2-0101.jpg
「わっ!BMWなのに鉄ホイール付けてる。かっこ悪っ!」
って、言ったら
オーナー氏「ちゃんと見て下さい。」

にE46-2-0102.jpg
ALUMINIUMの文字が
なんとアルミホイール。
となると、俄然かっこ良く見えてきます。
なんだか不思議。

ただ、アルミホイールだからウエイトをリムに打ち込んじゃ駄目よって禁止マークのイラスト付いてるのに

にE46-2-0103.jpg
しっかり打ち込んであります。
オーナー氏曰く、「始めからこうなってた」そうです・・・・まぁいいか、シャレが効いてて。

でもこれ、もしウチでやっちゃったら担当メカは一カ月はトイレ掃除だな。

さて、ご要望のオイル漏れ点検。

にE46-2-0104.jpg
リフトアップして床下から点検。
矢印の所にオイルがベッタリ。

にE46-2-0105.jpg
こんな具合。
って、あんまり漏れっぷりが表現出来ていない画像でした。
オイルでパネル一面テラテラになってる感じです。

にE46-2-0106.jpg
アンダーカバーを取り外して更に点検。
いい感じに漏れてますね。
そもそもこの型の4気筒モデルはオイル漏れとの闘いですからね。
初戦としてはまぁまぁ。

にE46-2-0110.jpg
バキュームポンプは珍しく大丈夫ですね。

にE46-2-0107.jpg
エンジンブロックとオイルパンの間。

にE46-2-0111.jpg
これはその前側。

にE46-2-0108.jpg
パワステフルードも漏れてるか?
ちょっと判断に悩む感じ。
こういう時は

にE46-2-0113.jpg
高圧洗浄機できれいにして一旦お返しします。

しばらく乗って頂きましょう。



お問い合わせ 郡司自動車工業







posted by gunji at 17:00| Comment(0) | 日記

2016年04月07日

スズキ エアコンコンプレッサーのリコール

スズキが「エアコンコンプレッサーの不具合でエンストしちゃうかも」って事でリコールが出ました。
該当車種はパレット、ワゴンR、アルト ラパンだそう。
と言う訳で、弊社にもさっそく入庫がありました。

DSCN0008.jpg
「スズキからリコールの案内が届いたよ。」でご来店。

では点検。


DSCN0009.jpg
赤丸がエアコンコンプレッサーです。
このコンプレッサーをスズキに供給しているメーカーが2社あって、その内の片方が今回のリコールの対象となります。
で、これはそのリコール対象コンプレッサー。
条件を整えてエンストするか実験・・・・問題無いようですね。

コンプレッサーの交換は不要ですので、次の作業です。


DSCN0010.jpg
左の器具を使って矢印のコンプレッサーオイルを注入します。


DSCN0011.jpg
規定量を注入。

DSCN0012.jpg
次にスズキ車専用の診断機を使ってエンジン制御用コンピューターに修正プログラムを注入して書き換えます。

DSCN0013.jpg
注入・・・・・

DSCN0014.jpg
無事書き換えが出来たら故障コードを消去して

出来上がり。



スズキのリコール随時受付しております。



お問い合わせ 郡司自動車工業





posted by gunji at 22:28| Comment(0) | 日記