2015年09月28日

ロードスター 車検とカチカチ音

ロードスター 平成18年式 CBA-NCEC 130,000`

おロードスター00.jpg
「車検と異音診て」で、入庫しました。
弊社ブログを見ていらしたそうで、今回初入庫のお客様です。

とりあえず、異音を確認する為オーナー氏がおっしゃる段差が連続する道路でテスト走行するも、あいにくの雨で確認出来ず。
なので、車両の点検を先に行います。
おロードスター02.jpg
問題ありません。

おロードスター03.jpg
お掃除で大丈夫。

おロードスター06.jpg
コニ足です。
これ、私も好き。

おロードスター05.jpg
スタビライザーリンクのブーツが破れちゃってます。
走行距離からしてもしょうがない所です。

おロードスター07.jpg
サイドブレーキのワイヤーを振るとカタカタ音が出ますね。
これが原因かハッキリしませんが、

おロードスター09.jpg
念の為、音が出ないように手当しておきます。

おロードスター08.jpg
ブレーキパットがだいぶ減っています。
交換しましょう。

おロードスター10.jpg
って、見付けました。
異音の原因です。
ブレーキパットのサポートシムが一個無くなってます。
この部品が無いとブレーキパットが遊んで確かに細かい段差がある所を走るとカタカタ音が出ます。

っと言う所で、見積もりを連絡して作業開始。
おロードスター01.jpg
いつものように床下洗浄を行って

おロードスター12.jpg
新品のスタビライザーリンク

おロードスター15.jpg
全数取り替えます。

おロードスター16.jpg
右が新品のブレーキパット。

おロードスター34.jpg
ブレーキパットセット。

おロードスター35.jpg
欲しいのはこれ一個なんですが、一個だけの補給はありません(メーカーによる)。

おロードスター17.jpg
いつものように洗浄作業とグリスアップ。

おロードスター18.jpg
キャリパーのオーバーホールも行います。
まずフロントから

おロードスター19.jpg
分解

おロードスター20.jpg
あ、ピストンにサビ・・・と言う事は

おロードスター21.jpg
当然シリンダー側もサビてる訳です。

このまま組んじゃうと、せっかくのオーバーホールが無駄になるので、サンドペーパーとワイヤーブラシで一生懸命さび落とし

おロードスター22.jpg
この位になれば大丈夫。

おロードスター23.jpg
ピストンもきれいになりました。

おロードスター24.jpg
新しいOリングを取り付けて

おロードスター26.jpg
ピストンブーツを取り付けてピストンを入れます。
このやり方はブーツが溝から外れる危険が無い代わりに組み付けの難易度は高くなります。

おロードスター27.jpg
はい。出来ました。

おロードスター28.jpg
引き続きリヤキャリパー

おロードスター31.jpg
分解
と言っても、リヤのキャリパーはサイドブレーキの機能を持たされているので、もっと構造は複雑なのですが、NC型のロードスターはこれ以上分解しても補給品がありません。
なので、ここまで。

おロードスター30.jpg
リヤはシリンダーもピストンも無事でした。

おロードスター31.jpg
通常通りのお掃除

おロードスター32.jpg
Oリングとブーツを組み付けて
完成。

おロードスター36.jpg
残りの整備と検査を行って

出来上がり。



お問い合わせ 郡司自動車工業














posted by gunji at 21:51| Comment(0) | 日記

2015年09月16日

ハイキャスランプ点灯

スカイライン 平成3年式 E-HCR32 100,000`

弊社にオイル交換に来る途中「ハイキャスのチェックランプが点いてハンドルが重くなった」と連絡が入りました。
エンジンを切って再始動すると正常に復帰するそう。
とりあえず再発するとハンドルは重くなるけど、操作不能になる訳では無いので、頑張ってそのまま来店していただきます。

えスカイライン0900.jpg
来る途中やっぱり再発(右上がハイキャスのチェックランプ)。
自己診断機能を使って故障コードを読み出すも何故か正常コード。
チェックランプを点灯させているくせに「正常」って言うのは変でしょう?と、車に言っても返事はもちろんありません。
つまり、点灯させた時には「異常」が起きたけど、今は「正常」と言う事でしょう。
厄介な症状です。
オイル交換だけのハズだったのに、お預かりです。

問題は再現するか。
しばらく様々な路面状況を試走していると、ある一定速度でタンッ!と段差を超えると症状が出る傾向にある事が判明。
状況からするとコネクター辺りの瞬断ですね。
配線図片手に関係コネクターを片っ端から点検します。
配線を一本一本押したり引っ張ったり一旦外して端子が破損してないか確認したり。
が、異常無し。
ですが、走行すると再発します。
ホント困ります。
試しにコントローラーを叩いてみると。。。。再現するじゃんっ!
一番壊れて欲しくない所にトラブルの原因があるみたい。
多分、生廃になってるだろうし、あってもきっと異常に高価なハズ。
オーナー氏が最も恐れていた事態になってしまいました。
でも、部品自体が壊れてるかプログラムがすっ飛んで無ければ直せます(部品が壊れてる場合でも手に入れば直せます)。

えスカイライン0901.jpg
とりあえず、取り外し。
って、あら?
今、カランって音がしたような?
まさか、はんだ取れて部品落っこちちゃってる?

えスカイライン0903.jpg
恐る恐るふたを開けてみると・・・

えスカイライン0904.jpg
ネジが。

えスカイライン0905.jpg
どこ?

えスカイライン0907.jpg
ここか。

えスカイライン0909.jpg
取り付けて。
念の為、他のネジも点検。
全部緩んでました。。。。。
この道20と有余年、中々珍しいトラブルでした。
原因はこの「ネジ」。
これが基盤の上で転がって触れてはいけない部分に触れた時に異常が発生して安全の為にハイキャスの機能を停止してチェックランプを点灯させていたんですね。
コントローラー自体はある意味正常作動しています。

えスカイライン0908.jpg
点検します。
焼損も無いし基盤自体は大丈夫そう。
走行テストも問題なし。
自己診断も正常コード。

出来上がり。
原因が分かれば「なぁ〜んだ」だけど、こいつは時間掛かった。。。。



お問い合わせ 郡司自動車工業







posted by gunji at 22:10| Comment(0) | 日記

2015年09月07日

ご報告。

ちょっと気を抜いたら一カ月以上更新をサボってしまいました。
あえで言い訳するなれば、通常業務に加えて店舗の改装工事なんてのも行っているので、いつもにも増してドタバタしちゃってます。
そんな中、先日子供の運動会で会った私の同級生から「会社何かあったの?」と聞かれ「改装工事」と答えると「潰れちゃったのかと思ったよ」だそう。
随分はっきりと言ってくれますね、そんな恐ろしい事っ!
さすが保育園時代からの付き合い。
と言う訳で、ちゃんと告知しておかないと。



「現在、郡司自動車工業はサービス向上を目指し、接客スペースの拡大と古くなった内装の張替の為、改装中でございます。接客スペースが工場だったり、ペンキ臭が蔓延していたりと、ご不便ご迷惑をお掛けしておりますが、通常通り元気に営業致しております。これまで同様、変わらぬご愛顧のほどよろしく申し上げます。」


マネージャー郡司貴透

posted by gunji at 11:05| Comment(0) | 日記